アイメイクの落とし方

なかなか落ちないアイメイク、ゴシゴシこすって必ず落としていませんか?間違ったやり方でクレンジングを増やすと、肌トラブルを導くこともあるので注意が必要です。
目のあたりのシワ、くすみはクレンジングが背景?

仮にシワやくすみが気になるようなら、クレンジングが上手くできていないのかもしれません。瞳の身の回りは皮膚が非常に小さく、傷つきやすいポイントです。それなのにアイシャドウを何色あいも塗ったり、ロングラスティングやウォータープルーフ品のアイライナーやマスカラを繰り返しづけしたり、それを洗い流すためにゴシゴシこすったりすると、まつげや瞳の周りの皮膚にプレッシャーをかけ、シワや乾燥を招いてしまいます。

アイメイクは、目のあたり専用のメイク上乗せリムーバーやマスカラだけを落ちるブラシ品のリムーバーを使って、表情全体のクレンジングの前に、きっちりと洗い流すことが大切です。
アイメイクのなくし手法の土台

アイメイクを落とす際は「丁寧に減らす実態」を心掛けましょう。目のあたりは糧にとっても弱いので、擦り付けるのは絶対にやめましょう。

コットンにたっぷりのアイメイク専門リムーバーを含ませ、眼の上に置きます。10秒くらいするとアイメイクが浮いてくるので、ヒソヒソ触れるように取り去ります。待つのをわずらわしいがってこすってしまうと、皮膚を傷めてしまうので要警戒。一度で落ちきらなかった場合は、目新しいコットンで再度おんなじサマリーで拭き取って下さい。

マスカラはまつ毛をコットンで挟み込み、力を入れずに下にすべらせると簡単に拭き取れます。目尻のキワなど洗い流し辛い部分は、コットンの端を使いましょう。落ち切ったら表情全体のクレンジングへと進んでください。最後は、ぬるま湯で十分洗い流したらフィニッシュです。
アイメイク専門リムーバーの決め方

使用しているアイシャドウやアイライナーがウォータープルーフだった場合は、アイメイク専門リムーバーもウォータープルーフ品に対応しているものを選びましょう。

例えばマスカラの事、各クレアトゥールによってシリコン樹脂で固めていたり、フィルムで固めていたり、ワックスで固めていたりと、みなさん樹立しかたがことなるので、それに当てはまるリムーバーでないと落とせないケースもあります。

一番有難い決め方は、使用しているメイクグッズとおんなじクレアトゥールのリムーバーを選ぶ実態。同はじめクレアトゥールのものであれば、社内ものが下がるように作られているのでスムーズです。

アイメイク専門リムーバーは、押しなべて洗浄力が強いと言えます。オイルを使っている品物も数多く、肌に糧が著しい品物もあります。使ってみて、こそばゆい、瞳の身の回りがひきつるなどの違和感を憶える場合は、肌がダメージを受けている証拠です。そのリムーバーは活用を取り消しし、異なるリムーバーを使うようにしましょう。もっちりジェルの公式サイト